toggle
2020-07-17

窓ガラスの掃除方法

窓ガラスは、面積が広く、掃除するにも手間がかかりそうというイメージで、後回しにしやすい場所の一つではないでしょうか。しかし、手順やコツを抑えれば手軽に掃除出来てしまうのです。今回は、窓ガラスの掃除についてご紹介します。

窓の汚れの原因とは

窓の汚れの原因は、外側と内側で異なっています。

窓の外側は、雨風による砂やホコリ、泥、花粉などが汚れの主な原因です。一方、窓の内側は、台所で揚げ物をした際に付着する油汚れ、窓を開け閉めする際の手垢や部屋のほこりなどが汚れの原因です。また、忘れてはいけないのが、窓枠のレール部分。窓のガラス部分以上に汚れが溜まりやすくなっており、窓が汚くなる原因にもなるので気を付けましょう。

 

窓掃除の準備物

作業を効率的に行うために準備物も揃えましょう。

・洗剤:窓の掃除用洗剤でも良いですが、食器嵐洗剤を水200CCに大さじ1を混ぜて使って代用も可能です

・ゴム手袋:手荒れを予防するためです

・雑巾、布:雑巾や布が汚れていると、汚れが落ちにくくなるため、多めに用意しておくとよいでしょう。水拭きと乾拭きに最低2枚は必要です

・ブラシ:窓枠やサッシのレールに使用します。歯ブラシや割り箸にキッチンペーパーや布を巻いて使ってもよいでしょう

・ハケ:窓の外側の砂ぼこりなどを掃除するのに便利です

 

・あると便利なもの

・メラミンスポンジ:頑固な汚れ落としに便利です

・窓ガラス用のコーティング剤:汚れを予防します

 

掃除の手順 

  • まず、ハケで窓の外側のほこりを掃除します。乾いた状態のまま上から下へ掃いていきましょう。まずこのように大まかに汚れを飛ばしておくと、細かい汚れが落としやすくなります。この時にサッシや窓枠もブラシで汚れを書き上げて掃除します。

 

  • 洗剤を薄めた水に雑巾を付けて絞ったもので水拭きします。コの字に拭くと拭きむらができにくくおすすめです。
  • 次に、②の洗剤を拭き取るために、水で濡らした布で窓を拭きます。
  • 最後に乾いた布で拭き上げましょう。

 

掃除のコツ

・窓掃除におすすめの天気

実は、天気の良くない日がおすすめです。天気の良い日は、乾燥している為汚れが落ちにくく、拭き跡もすぐに乾くために、きれいにならない場合が有ります。一方、天気の悪い日は、湿度が高いので、汚れが湿気を吸って落としやすくなります。

・黒っぽい服装で掃除する

黒っぽい服を着て窓の掃除をすると、拭きむらを見つけやすくなるのでおすすめです。

 

手順やコツを踏まえて行うことで、窓の掃除は楽にきれいになります。放置するほど頑固な汚れになるため、定期的に行いましょう。

関連記事