toggle
2020-07-10

電子レンジの汚れを簡単に落とす方法

便利で使う機会も多い電子レンジ。頻繁に使う分、汚れも溜まりやすく、こびりつきなど頑固な汚れもつきやすくなっています。そのまま放置すると、汚れだけでなく、においや故障の原因にもなりかねます。今回は、手軽にできる電子レンジのお掃除方法をご紹介します。

・電子レンジの汚れの原因

電子レンジの汚れの主な原因は、油汚れ、カビ、水垢です。加熱する度に食品カスと共にこれらが飛び散り電子レンジ内に付着してしまいます。

特に、油分などたんぱく質汚れは、油分の層に塩分やミネラル分などが含まれている為、タオルで拭くだけではなかなか落ちません。

 

・電子レンジの掃除にはセスキ炭酸ソーダがおすすめ

このような、頑固な電子レンジの汚れを落とすのにおすすめなのが「セスキ炭酸ソーダ」です。ドラックストアや100円ショップなどでも購入できます。

このセスキ炭酸ソーダは、洗浄効果があり、アルカリ性の性質を持っている為、酸性成分の汚れを中和する作用があります。人体にも無害、更に重曹に比べて強いアルカリ性で水に溶けやすく、汚れをしっかり落とせるのも特徴です。

 

・セスキ炭酸ソーダを使った電子レンジ掃除の手順

・準備物:セスキ炭酸ソーダ大さじ1、キッチンペーパー又は布巾5枚程度、コップ一杯分の水が入るサイズの耐熱容器1つ、水200cc程度

 

手順

  • 耐熱容器にセスキ炭酸ソーダを溶かした水を入れる
  • 電子レンジ500wで3~5分程、ラップをかけずに加熱する
  • 電子レンジの扉を閉めた状態で20分程放置する。(水蒸気が汚れをふやかし落知やすくなる)
  • ①の水が入った耐熱容器を取り出し、濡らしたキッチンペーパー又は布巾で汚れを拭き取る。温かいうちの方が汚れを落としやすい為、手早く拭くのがポイント。

 

それでも落ちない頑固な汚れは、セスキ炭酸ソーダを溶かした水を直接汚れにスプレーで吹きかけてスポンジで擦ってみましょう。汚れの個所やスポンジの種類によっては電子レンジに傷がつくこともあるためご注意ください。

 

セスキ炭酸ソーダは他にもメリットがいっぱい

セスキ炭酸ソーダは、汚れを落とすだけでなく、消臭作用も期待できます。ニオイ成分の多くは酸性であることに対し、セスキ炭酸ソーダはアルカリ性であるため、ニオイ成分を分解するはたらきがあります。また抗菌作用もあるため、食品を頻繁に出し入れする電子レンジにおすすめです。

 

使う機会の多い電子レンジ。簡単な掃除方法で常に清潔な状態を保ちたいものです。セスキ炭酸ソーダを使って手軽に掃除してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事